本文へスキップ

ネイリストの給料事情

激務なのに安い給料が問題になっているネイリスト事情

⇒ネイリスト資格に関する資料を全て無料で取り寄せてみる

ネイリストの給料事情

雇われてネイリストと働いている限り、給料が上がる事は無いでしょう。

歩合制のお店でもない限り。

また、歩合制のネイルサロンだとしても、一定額以上の売り上げが無ければ歩合も付かないというお店がほとんど。

その一定の額と言うのが、とてつもなく高く設定されているようです。

「絶対に無理だよ〜」と思うようなレベルです。

オーナーさんは、

「これぐらいお店に貢献してくれたら、こんなに多くの歩合給を支払います!」

みたいな事を言うと思います。

実際、単価×客数で大体の売り上げ予測はつきます。

歩合給に到達しないくらいの設定にしておき、ネイリストに頑張らせておき、売り上げを最大限に伸ばします。

ネイルサロンは儲かりますよね。

しかし、ネイリスト側は設定の売り上げ額までいかなかったので、歩合給は付かないというわけです。

誰が一番得をしているのか?

それは、もちろんネイルサロンオーナーですよね。

基本給も少ない上に、特に手当も付かず、歩合給もほぼ付かない状態です。

ネイリストの給料事情は、本当に苦しいと思います。

給料が安過ぎてネイリストとして働いていけないという方が多いのも事実です。

ネイリストに転職する前に働いていた会社の給料のほうが断然良かった!なんて話はよく聞きます。

正直、ネイリストは儲かりません。

儲けようと思うなら、絶対にやってはいけない職業だと思います。

しかし、自分でネイルサロンを開業するなら話は別です。

ネイルサロンオーナーとしてやっていく為の修行!と思えば、今、ネイリストとして働いていく意味があると思います。

目標にして貰いたいですね。

ネイルサロンを持って、成功する事を。

>>ネイリスト資格に関する資料を無料で取り寄せる

是非、参考になさって下さい。


ネイリスト検定1級アート動画

ナビゲーション