本文へスキップ

ネイリストという職業は本当に大変です。

ネイルサロンで働くためには

⇒ネイリスト資格に関する資料を全て無料で取り寄せてみる

ネイリストは本当に大変な職業です。

確かに傍からみたら煌びやかな世界です。

ヘアスタイルも自由です。

大好きなネイルだって自分の好きな様に出来ます。

しかし、いざネイルサロンで働くとなると本当に大変です。

特に雇われネイリストは・・・

まずは、給料が安いです。

月給20万円も貰う事が出来ません。

関東圏のネイリストでも、20万円以上貰っている人は少ないのが現状です。

なぜ、こんなに安いのか?

それは、サロンオーナーが一番儲かるからです。

ほとんどのネイリストの場合、固定給です。

ボーナスもありません。残業手当も出ません。

交通費すら出ないサロンもざらにあります。

どんなに1人のネイリストが売り上げを上げても、給料は変わらないのです。

月間100万円の売り上げを上げても、給料は変わりません。

オーナーに褒められる程度です。

そして、たまに食事に連れていって貰える。

ジュースの差し入れを貰う程度です。

ほとんどのネイルサロンがこのような感じなので、ネイリストも諦めています。

「仕方ない・・・」と。

そして、徐々にネイリストの不満が溜まってきます。

いつか爆発します!

「こんなお店辞めてやる!」

と言う事になるのです。

ネイルサロンに、ネイリストが定着しない理由。

それは、給料が安い事。

そして、サロンの利益をネイルサロンオーナーが一人占めしていると思い始めてしまう時にネイリストが辞めてしまうのです。

ウマが合わないという話は良く聞きます。

一般企業と違い、ネイルサロンは経営者との距離がとても近いので、一度、仲が悪くなってしまうと取り返しのつかない状態になってしまいます。

ネイリストが大変な仕事だという事は事実です。

一番大変な事は、サロン内での人間関係です。

大人数ではないので、一度雰囲気が悪くなってしまうと精神的にかなりきつくなります。

どこのサロンも似たような感じです。

ですので、出来るだけ雇われている期間は短くするほうが賢明です。

幾ら長い間、1つのサロンに勤めていても技術的向上はそれほど望めません。

勉強しようと思えば個人で講習やスクールに行って学ぶ事が出来ます。

早めの独立です。

ネイリストになったからには、是非、自分のお店を持ってもらいたいですね。

ネイルサロンは、上手くいけばしっかりと利益が出る商売でもあるので。

>>ネイリスト資格に関する資料を無料で取り寄せる

是非、参考になさって下さい。


NA 認定講師資格試験 テクニック講座

ナビゲーション